One Click Say Yeah!!
わんぱくでもいい。けたたましく育って欲しい....
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2009.04.16 Thursday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
色んなBLOGにリンクも貼らないでRESしてみる
僕の場合、blogは良かったこと、素晴らしいと思ったことを
記録に残そうという目的が知らないうちに発達して、そこに
申し訳程度に自分の告知なんか入れたりして。

それこそ日常や感情なんて分からない。
例え自分の感情を的確かつダイナミックに表現しつづける
blogがあったとしても、それと「意図的に書いてる」もの
との判断ができない故、その人をblogで理解しようなんて
甚だ無理な話なのである。

だから自然と、自分が見る個人blogは知ってる人とか、
興味がある人に殆ど限定される。
その人が元気でやってっかとか、その人の周囲で何が起こっ
ているかとか、おもしろい事書いてるかとか、その程度だ。

で、時折自分達の音楽について触れてくれたり、褒めてくれ
たり(笑)そういうのを見るとやっぱり士気が上がってしま
う。恥ずかしながらそれで何度も救われたというか、天を仰
いだ経験があるので、自分も「良いと思った事」は可能な限
り書いていこうと。

と、いうのも、我がバンド(owllights)のことを褒めたって
何にもないからだ。何の商業とも関連してないし、メンバー
の一人がアイドルと付き合ってるわけでもない。我々のこと
を褒めたって得することなど一つもないのである。(少なく
ともあり得るとしたら、その人と繋がりたい、くらいだろう。
それは至って健全な理由だと思うのですが....)

だから自分のblogも、自分達の告知以外は無利益的に書きた
い。逆アフィリエイト。
それが目標です。無利益的であるが故に、既に読んだことある
ようなモノではなく、自分が書くのはあまり他の人が書いてな
い事に寄ってしまう。せっかく書くんだからさ。

だって新垣結衣について今さら俺に何が言えるというのか!?
そりゃ可愛いじゃないか。このblogで「私は、新垣結衣と結婚
したいです」なんて書いても、もやは既視感しか感じられない
上、最終的に彼女に叱られるだけだよ!

blogで自分の本当に大切なことなど一度も書けた試しが無い故、
(そしてそれは誰しもそうだと思う)
少なくとも自分が良いと思ったことについて何か表現できれば。
そんな風に思っています。

で、ホライズン山下宅配便『4人のホライズン』。

一通り検索かけたんだけど、この素晴らしい作品に対して、
レビュー(or何かしらのコメント)が殆ど皆無なのは一体
どういうことだ??知らないだけかしら?

『4人のホライズン』について何の感想も無しにblogで
「夕陽が綺麗でした」とか平然と書きやがる。その夕陽が
何度も上がったり下がったりしているうちに、ホライズン
山下宅配便はこのDVDを完成させたんだ!

昨年7月の円盤ジャンボリー(4人最後のライブ)で見て、
既に知っていたのですが、そのライブで体験できた躍動感
と、あまりに強烈な世界がこのDVDで体験できます。

私は円盤ジャンボリーで「最初で最後の4人のホライズン」を
体験したことになるが、その時の感触、笑えるがそれこそグッ
ときて涙が出そうになるあの感じ、表現活動において結構難易
度が高い笑いと感動の同時進行を、平然とやってのけた(彼ら
自体は決して平然ではなかっただろうが....)のである。

このDVDではそれが体験できつつも、「雨の日」「シャモニにて」
「環状8号線」等ただの悪ふざけではない確固とした良質な楽曲に
ステージは支えられてたということが改めて分かるのです。

だから現段階では、彼らについてはライブを見る→DVDを見る→
CDを聴く という流れが一番楽しめると思う。
と、いうのも、実際のところCD『とべばいいんですよとべばぴょ
んぴょんぴょん』では楽曲の良さは伝わるがバンドの核となる異様
なまでの「不可解さ」が感じづらいのが残念ではある。

4人のホライズンが見れないのは残念だ。しかし年末に屋根裏で
2人のホライズンを見ましたが、過去に縛られない前のめりな
ライブをしていたんで、これからも楽しみです。
対バンしたいです。ホライズンは60〜70年代の往年のロックやら
日本のGSなんかを彷彿とさせますが、もうここまで来るとそんな
音楽ジャンルとか関係なくなってくるね!

ホライズン山下宅配便のHP
【2007.01.19 Friday 08:35】 author : ミヤナガ | その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2009.04.16 Thursday 08:35】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://miyanagasator.jugem.jp/trackback/55
トラックバック
Spongecustar in Halfway House
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NEW ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
SEARCH
RECOMMEND
sponsored links