One Click Say Yeah!!
わんぱくでもいい。けたたましく育って欲しい....
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2009.04.16 Thursday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
最後だからもう書いちゃう!音楽雑誌とか相対性理論とか!
今日はworst tasteのレコ発行ってきました。ギンギンしてた!CD買ったらまた改めて。



ここ最近で一番面白かった記事は

映画芸術誌No.426 , P103「映画なんて見てる場合じゃねぇんだよ!」中原昌也×千浦僚(対談)

千浦:香港映画やインド映画、世界中の低予算映画や自主映画を見ることによって、僕は感性的に日本人をやめたい。ちなみに、中原さんはもう日本人じゃない、人間ですらないかも。

中原:ZZZ.....。

千浦:中原さん、寝てる!


対談中に相手が寝てしまう対談なんて初めて読みました。



本屋で立ち読み、cookiesceneとミュージックマガジン(「目隠しプレイ」蔦木さん
の回、面白かった!)あと気になっていたMARQUEEの相対性理論のレビュー。

相対性理論「ハイファイ新書」についてはまとめて書こうと思っているけれど、相当
ごちゃごちゃしていてどうも意欲敵にまとめるのが難しいのだが、ザックリ言って
「優れたJ-POP」



90年代に小〜中学生だった自分の世代は、「カラオケで唄って気持ちよいか否か」
が音楽の善し悪しのレベルだった粗い感覚があって、小学校高学年になるとバカの一
つ覚えのように駅前のカラオケに行っては、3〜4時間平気で歌いまくっていた。

そして大学生になって、知らないうちに芽生える「洋楽至上主義」みたいなもの。
数年前になってようやく違和感が芽生えたのが事実で、電気グルーヴもミスチルも、
、TRFも、奥田民生(ユニコーン)も小沢健二も横並びで「良い音楽」だったあの感
覚って、何を根拠に否定できるんだろうと。

それで改めて小沢健二を聴き返すと、ああやっぱり良いとか、もっと別の何かに気が
ついたりとか。受け手としてそういう感覚、つまり自分歴史性とはイカ天があって、
90年代のJ-POPがあって、ラフトレード(今は亡き西新宿)があってワルシャワ
(パルコクアトロ、小林さん店長時代、こないだ行ったらBook Offになってて愕然
!)があって、そしてiTune,myspace,amazonの時代が来て..と、それら全てなん
じゃないかと。自分が何処かの時代(例えば80年代のニューウェーブとか、バンド
ブーム)に傾倒したとしても、それは単なる憧れ以上にはなりえず、自分のこの感覚
というのは、まさにあのとき生まれてこの時代にこの年齢である、という以上の何も
のでもない。

毎回例に上げる突然段ボールですが『D』も、その「突段以外の何ものでもない」
感覚、80年代に対する懐古も、現在に対する媚もなく、単純に突段が歩み続けた延長
の先の新作だった、というのが傑作の要因として確実にあった。そして僕がハッキリ
書きたかったのは、突段に対する歴史性を込めた敬愛ではなく、純粋な「まさに今、
良い音楽を作るバンド、ここに在り」(五七調)ということでした。

で、相対性理論なんですが、確実に口ずさめるフレーズがJ-POPとして素晴らしいし、
シニカルな目線も、やりたいこともクリアーで、ある種「ロックの自意識」が複合的
な理由で消滅しているので素晴らしい。プロデューサーが歌詞書いて曲書いてアイド
ルに唄わせる時に生じる「自我の消滅」が心地よい。(と、いう理論でいくとPerfume
も良いはずなんですか....どういうわけかこちらは相変わらず受け入れられず。
ジャンル的な問題か?)

故に相対性理論をバンドとして捉えるとちょっと難しい。残念なことに昨年Nestフェス
で見逃したので(着いたらもう終わってた)ライブは未聴なのでなんとも言えないが、
良い曲が沢山入ったCD、それだけで十分なんじゃないでしょうか。「萌え」がどうと
か匿名性についてとかセカイ系とか、掘り起こせば沢山出てくるがそれらは
(上のMARQUEEで書いてた柴那典はじめ)色んな人が色んなこといって
るのでこれ以上特に声を大にして言うことは何もない。



で、話を雑誌に戻すと、MARQUEEも偏っているがcookiesceneの昨年からの
リニューアルにはちょっと抵抗感がある。cookiesceneの重要な核だと思っていた
要素の250 mix reviewがなくなったのは痛い。多分30くらいしか残ってなかった。
「続きはwebで」と書いてあったのでweb開いてみたらそれ以上に少なくてがっかり。
(おそらく「間に合ってない」感じ)

bounceですら拾いきれない奥深い部分に手を差し伸べていた意味で音楽雑誌として
非常に貴重だったのに、「紙媒体」と「web」の間で時代に翻弄されてしまったよ
うな気がして残念です。最も音楽的な感覚が近いのは、相変わらずcookie scene
なんだけどなぁ。
【2009.03.06 Friday 04:55】 author : ミヤナガ | インパクチ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2009.04.16 Thursday 04:55】 author : スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://miyanagasator.jugem.jp/trackback/209
トラックバック
Spongecustar in Halfway House
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
SEARCH
RECOMMEND
sponsored links